訪問リハビリ

小児訪問リハビリ

方針イメージ

呼吸が上手にできず痰でゼコゼコ苦しい。全身の緊張が高くて手足がつっぱる。なかなか歩けるようにならない。上手に食べられない。言葉が遅い。落ち着きがない。など、こども達ひとりひとりの症状と個性に合わせてリハビリテーションを実施します。
小児施設や地域での経験豊富な理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が対応いたします。

既に2か所以上のステーションを利用している場合もご相談ください。先方のご迷惑にならないよう、制度をフル活用してお子さんを支援します。
唯一無二の奥の手がある。それが「りは職人」の小児訪問リハです。


リハビリ内容

  • 理学療法

    方針イメージ上手に呼吸をすることや、座る、立つ、歩くといった基本的な動作の発達を支援します。


  • 作業療法

    方針イメージからだやこころの発達をバランスよく整えることを支援します。


  • 言語聴覚療法

    方針イメージことばや食べることの支援を行います。

よくあるお問い合わせ(FAQ)